♡作る♢楽しむ♤学ぶ♧
♡作る♢楽しむ♤学ぶ♧
夢中で作っている時が一番学べる
身近な所で発見!
身近な所で発見!
コンピュータはみんなの生活の周りにある
阿見から世界へ♬
阿見から世界へ♬
S(科学)T(技術)E(工学)A(芸術)M(数学)で未来にはばたく
阿見町の特産品を見分けるAIを作る
阿見町の特産品を見分けるAIを作る
2018年7月19日
7月6日に悲しい統計が発表されました。総務省がまとめた2017年度締めのふるさと納税に関する現況調査です。 阿見町は茨城県内で下から2番目、年間15件、53万円の納税額。全自治体1789中、1751位でした。茨城県の合計額は47都道府県で8位と、なかなかの健闘です。 スイカ、メロン、ヤーコン、たけのこ、特産品はいろいろあるのにもったいないです。 阿見町の特産品 | 茨
Hour of Code in  あみ 6月16日(土)開催☆
Hour of Code in あみ 6月16日(土)開催☆
2018年6月2日
『Hour of Code in あみ』を6月16日(土)に開催いたします。 Hour of Codeはアメリカで2013年から始まった、子どもたちにコンピュータサイエンス教育を普及させようという、Code.orgというNPOを中心とした運動です。魅力的なチュートリアルを通じて、1時間でプログラミングを体験できます。既に、世界180以上の国で1億人以上の人々が、Hour
Scratch3.0は2018年後半にリリース☆
Scratch3.0は2018年後半にリリース☆
2018年5月10日
Scratch3.0が2018年後半にリリースされるようです。楽しみですね☆ 現在は英語版のみで、まだ開発されていない機能も多いですが、プレビューサイト、開発版サイトで新しいUI、機能を試すことができます。Scratch3.0になって変わるポイントをまとめました。今後も新しい情報を期待して、コミュニティサイトをチェックしていきます。 タブレットやスマホで

私たちのゴール

こどもの未来を豊かに
地域のプログラミング教育を支援
阿見町を元気に!

楽しく一緒にチャレンジしよう

マイクラでプログラミング
マイクラの世界でプログラミングすることができます。マイクラ自体、自由にブロックを積んで創造力豊かに遊ぶことができますが、さらにプログラミングの魔法をかけることができます。 マイク
もっと読む
Hour of Code(アワーオブコード)
何ができるの? 短い時間でクリアできるプログラミングの課題が数多く用意されていて、好きなものにチャレンジできます。 マインクラフトやディズニーの課題もあり、コードブロックを組み合わせて主人公たちを
もっと読む
Scratch(スクラッチ)
何ができるの? キーボードを使わなくても、マウスだけでできるビジュアルプログラミングの定番です。ブロックをつなげてステージ上のキャラクターを動かすことができます。マウスを追いかけるようにキャ
もっと読む
VISCUIT(ビスケット)
何ができるの? キャラクターや背景になる絵を描いて、めがねデバイスを使ってキャラクターに動かして、動く絵本やゲームが作れます。 作った作品はみんなで見せ合うことができます。 どういうもの
もっと読む
アリさんエサ探しシミュレーター作る
アリさんエサ探しシミュレーター作る
2018年5月1日
私たちの身の回りの自然には実は不思議がいっぱいです。身近な昆虫のアリもよく見てみると、不思議な行動をしています。地面にお菓子が落ちているとき、巣穴までアリの行列ができているのをみたことがないですか?どうやって行列ができるのか、ちょっと不思議です。今回はScratchでアリの行列ができる様子をマネるシミュレーションを作ってみます。そんなに多くないコードで自然の不思議を再現できるの
乱数を使ってニャンコ叩きを作る
乱数を使ってニャンコ叩きを作る
2018年4月8日
乱数を使ったモグラ叩き風のニャンコ叩きです。どの穴からニャンコが出てくるかを乱数で決めています。本当はニャンコ大好きです。 穴からたまにニャンコが出てくるように乱数を使います。1から10までが出るサイコロを振って、10になった時だけ、ニャンコに出てきます。こんなコードになりますね。 解説動画はこちら。 完成したプロジェクトはこちらです。
Scratchでライントレースを作る
Scratchでライントレースを作る
2018年4月6日
今回はライントレースするネコをスクラッチで作ってみます。床に黒い線が書いてあって、線にそって走る車を見たことがありますか?あれがライントレースです。いちいち、右とか左とか指示を出さなくても、勝手に線に沿って進んでいくのが不思議ですね。 ライントレースの仕組みは、とても簡単です。左右のセンサーでコースを見ながら、 右にはみ出したら、ちょっと左を向く 左にはみ出し
Translate »