MakeCodeでマイクラプログラミング

ホーム / ツール紹介 / MakeCodeでマイクラプログラミング

マイクロソフトはMakeCodeというサービスを提供しています。MakeCodeはmicro:bitのコードエディタになっています。

Microsoft MakeCode brings computer science to life for all students with fun projects, immediate results, and both block and text editors for learners at different levels.
(意訳)
Microsoft MakeCodeは全ての生徒にワクワクするようなコンピュータ・サイエンスの学びを提供します。楽しいプロジェクト、すぐに実行できる環境、様々なレベルに対応するブロック型とテキスト型のコードエディタがあります。

2017年10月23日に、マインクラフトが追加されました。マインクラフトのWindows10版またはEducation Editionがあれば、MakeCodeからマイクラの世界をプログラミングできます。Java版(PC)を購入済みの方はWindows10版をインストールすることができます。

[Minecraft] Java版所有者が無料でWindows10版をダウンロードする手順

Chicken Rainのチュートリアルで、導入の手順を見ておきます。
始めるとすぐに「マイクラとつながっていません、コードコネクトAppを入れて下さい」と英語で表示されます。早く日本語化して欲しいですね。

「Download the App」を押すと今度はこんな画面になります(また英語)。

「Download Code Connection」を押してダウンロードして下さい。終わると「CodeConnection.msi」がありますのでインストールします。インストールが終わると「Code Connection for Minecraft」というショートカットが作成されますので、実行します。こんな画面が表示されると思います。

コピーボタンを押して、コマンドをコピーしておきます。

続いて、プログラミングしたいマイクラの世界を起動します。設定を確認して、チートを有効にしておいて下さい。

マイクラの中で「tキー」を押してチャットを開き、先ほどコピーしたコマンドをペーストして実行します。

するとCodeConnectionがこんな画面になります。

MakeCode以外にも色々接続できるようですね。今回はMakeCodeボタンを押します。

さて準備ができたので、Chicken Rainに戻るとこんな感じのコードを組むことになります。

早速実行してみましょう。「tキー」を押して、チャットを開きchickenと入力します。

大量のニワトリが・・!!

MakeCodeのマイクラプログラミングはかなり高度なことができそうです。
全て使うのは大変なくらいブロックが揃っています。

プレイヤー

トリガー
アクション

ブロック

トリガー
アクション

生き物

トリガー
アクション

エージェント

アクション

ゲームプレイ

アクション

ビルダー

アクション

シェイプ

アクション

拡張機能

Translate »